退任のご挨拶

2016-12-26
カテゴリー: ひとり言セラピー仲間

2016年も残すところわずかになりましたね。
 
 
そして
久しぶりのブログ更新です。
 
 

今年も一年
ブログを読んでいただき

ありがとうございました。
 
 
 

2016年はみなさんにとって
どんな一年でしたか?
 
 

わたしは

「動」から「静」へ

より「外側」から「内側」へと向かう

大きな年になりました。
 
 

前へ前へと進めてきた足を止めるのは

最初はとっても不安で

恐怖ですらあったのですが
 
 
一年経ってみて

足をとめてみたからこそ

感じられるものがあることに

気がついてきました。
 
 
 
そんな中

「(世間一般の基準ではない)

私にとって幸せとは何なのか??」を

探求してみたい…
という想いが

ふつふつと湧いてきまして
 
 
 
 
それがどんどん大きくなって

どうにもならなくなりまして
 
 
 
先日、一旦すべての仕事、役割を

手放すことを決めました。
 
 
 

ひとり言セラピー協会の代表理事や

協会運営の実務的な部分からは

引退したいと思います。
 
 
突然のことで

驚かれた方もおられると思いますが
消えていなくなるではなく

形は変わりますが

協会とひとり言セラピーが育っていく姿を

見守っていきたいと思っていますし
 
ご縁をいただいた皆様が

ますます幸せになっていく姿を

見守らせていただけたらと思っています。
 
 
 
 
私がこのような決断ができたのも

あとを安心してお任せできる

認定講師やセラピストさん達と

コンサルタントの志村さん(しむしむ)の
おかげです。
 
 
 

次の代表理事は

湯浅里美さん(さとちゃん)にお願いしました。
 
 

さとちゃんは

協会の立ち上げ時期から

裏方として運営に関わってくれていて

私の迷いも含めた意思決定のプロセスを

一番近くで見ていてくれた人であり
 
この一年ほどは

私が何か相談すると

「ですよね~^^;」という

なんとも的確な返事を

返し続けてくれた人です。
 
 

という訳で

2017年から

ひとり言セラピー協会は

新しいステージに入ります♪♪♪
 
 
みなさまには

お力をお借りすることもあると思いますが

なにとぞ、よろしくお願いいたします。
 

 

簡単ですが

退任のご挨拶まで。
 
 
 
 
協会員様とメルマガ登録してくださっている方への
さとちゃんからご挨拶は

また別途お届けいたします。
 
 
(私からのご挨拶はすでに
ぞれぞれのお手元にメールにて
お届けさせていただいております)
 
 

ひとり言セラピーを通じて

ご縁をいただいた皆様には

感謝しかありません。
 

一つのステージを終えますが

これからもよろしくお願いいたします。
 
 

( ひとり言セラピーは、

しっかりメソッド化、体系化してありますので、

今後も大丈夫ですd( ̄  ̄))

これを読んでくださっているみなさまの
ますますのお幸せを願っております☆
 
 
 
このブログへの投稿は
こちらで最後になると思います。
 
 
 
読んでくださったみなさま
本当にありがとうございました。

 

 
あな田さゆり 拝
 
 

◎ひとり言セラピー協会HP
 
◎後任・湯浅里美ブログ
 
 
 

先日の懇親会で♪

 

みなさま
ありがとう ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

あとは任せたd( ̄  ̄)

近いうち貨幣経済は崩壊するって、本当ですか⁉︎

2016-12-2
カテゴリー: 無限の豊かさが手に入るひとり言

先日認定講師の方々とご飯を食べていて
こんな話題になったので
私的な解釈を書いておきたいと思います。
 
 
いろんなところで
まことしやかに語られている
貨幣経済の崩壊ですが・・・
 
 
 
はい。
 
 
私的には
 
 
近いうちにそうなると思います。
 
 
 
 
でも
 
 
すべての人にそれが起こるわけではない
とも、思っています。
 
 
 
 
 
これから先も
貨幣経済自体は存在し
そこで生きる人たちもいると思います。
 
 

どちらの世界で生きるかは 
自分の選択です。

自分が決めた方で生きます。
 

今の貨幣経済システムの中で
生きていくのを選ぶ
または、無意識のうちに選び続ける人生も
ありだと思います。

何が幸せかは
人によって違いますから
どっちを選んだ方がいい
という話ではありません。

 

 一方で 

現在の貨幣経済システムとは
関係ない世界で生きておられる方も
もうすでにおられます。 
 

 
仕事もそうだし
見るもの、聞くもの、
食べるもの、触れるものなども
 
お金に関係なく
自分にとって最高のものを選びながら
自由に暮らしている人たちです。
 
 
 
それは
金額が高いものを選べるようになる
という意味ではありません。
 
 

選ぶ基準が
お金ではなく
<自分にとって最高のものか>に
なるということです。
 
 
 
 
 
先ほどふと
世の中には
陸で生きている人と
水中で生きている人がいるなぁと
 
思いました。
 
 
 
お金=空気と考えてみてください。
 
 
 
水中では空気が吸えない。
 
 
だから
酸素ボンベを背負って
海に潜ります。
 
 
My空気ですね。
 
 
My空気には限りがあります。
 
 
だから
常に残量はチェックしていなければなりませんし
なくなったら、THE ENDです。
 
 
そして
実は残量がまだ十分あっても
THE ENDになることもあるのです。
 
 
 
私はダイビンクの講習に参加した時
十分な量の酸素の入ったボンベを
背負っているにも関わらず
呼吸困難に陥りました。
 
 
 
原因は
恐怖心です。
 
 
恐怖心から私は過呼吸に入り、
呼吸困難に陥ってしまったのです。
 
 
 
 
実はお金に関しても
私たちはこんな状態にあるのだと思います。
 
 
 
現在の貨幣経済システムの中で
どっぷり生きている人にとっては
 
自分のお財布や口座のお金だけが
自分にとってのお金で
お金がなくなると
人生も終わりだと信じています。
 
 
でもそれは
自分で背負ってる酸素ボンベの中にある酸素だけが
自分が吸えるすべての酸素だと思っているの同じです。
 
 
 
 
 
 
一方で
 
私たちは陸にいるとき
空気のことなど気にもしません。
 
 
空気がなくなることを気にして
呼吸を制限することもありませんし
行動を制限することもありません。
 
 
 
必要以上に多く空気を
取り込もうとしたり
溜め込もうとすることもないです。
 
 
 
それは
自分が生きていくのに必要な分の空気は
常にちゃんと自分のところにあるのを
知っているからです。
 
 
知っているというより
一度も疑ったこともないぐらい
当たり前に信じています。
 
 
 
空気に関して
私たちがそこまで信じられるのは
 
「空気は吸いすぎるとなくなるから
無駄に呼吸しちゃダメ」
 
「うちには空気がない」
 
「あなたが空気を吸えるのは
お父さんが頑張って働いてくれてるからよ」
 
「いったい誰がお前の空気を
用意してやってると思ってるんだ」
 
とかいうことを
一度も耳にしてないからじゃないかな〜、と。
 
 
現在の貨幣経済の中で育ってきた人は
表現等の違いはあったとしても
お金に関して
少なからずそういう言葉を耳にして
今に至っていると思うのです。
 
 
 
 
でも、考えてみると
 
人生の中で
本当にお金がなくなったこと
 
ありますか???
 
 
 
 
あ、借金は
お金がない状況じゃないですよ。
 
借金のある人も
食べ物買うお金や生活するお金は
なくなってないでしょ。
 
 
 
 
要は
 
 
<生まれてから死ぬまで
お金はずっとある>
 
ということなのです。
 
 
そっちのほうが
疑いようのない真実なのです。
 
 

にも関わらず
お金に関わる心配、不安、恐怖を
手放すのは、、、

なかなか手ごわい(^^;

 
だからこそ

自分で決めることが大切だと思うのです。

どの世界で生きるかを。

 
というわけで
 
お金がないと思っている人は
陸の上で酸素ボンベをしている人です。
 
 
 
 
貨幣経済の崩壊とは
 
自分が陸の上で酸素ボンベを背負って
生きてることに気づいて
勇気をもって外してみた人に訪れる世界だと
私は思っています。
 
 
 
そしてそれは
 
私(My)の世界から
私たち(oneness)の世界への
移行でもあると思います。
 
 
 
 
 
 
(おまけ)
 
あとでわかったことですが、
私が呼吸困難に陥っていた場所は
岸から2mほどしか離れておらず
足がつく深さのところでした^^;

 

 

こわいけど、
ボンベ、手放しちゃう⁈
(๑˃̵ᴗ˂̵)

1 2 3 345