◆代表挨拶◆

湯浅 里美
Satomi Yuasa

「あなたは自分のことが好きですか?」

ひとり言セラピーに出会う前の私は、はっきり言って、「No」でした。
自分に自信がないから、自分のことを知るのが怖かったし、自分が好きではないから、自分らしく生きるなんて無理だ、とも思っていたんですね。

ひとり言セラピーでは、一足飛びに「自分を好きになろう」とする前に、「自分と仲良くなろう」とお伝えしています。
なぜなら、自分といいコミュニケーションを取り、自分でいることに心から安心できない限り、「好きになる」のは難しいからです。

自分と仲良くなる、を意識するようになって、私は自分を知るのが楽しくなりました。
自分の心の動きや、ひとり言を知るたびに、いいところもダメなところも含めて、どんどん自分が愛おしくなっていく…。
そうなっていくと、「自分らしく生きよう」なんて肩に力を入れなくても、気がつくと、自分そのものでいることが心地よくなっていく…。
自分との関係が変わるって、そんな感じなんです。

だから、私がお伝えしたいことは「自分を知るってオモシロイ!」「自分を生きるってココチイイ!」なんですね。

たった一人、かけがえのない自分と一緒に生きていく喜びを、たくさんの方に感じていただきたい…そんな思いで、ひとり言セラピーをお届けしています。
あなたが自分を好きになっていく旅を、一緒に楽しんでいけたら嬉しいです。

◆協会について◆

一般社団法人ひとり言セラピー協会は、自分との対話(ひとり言)の質を向上させることによって、誰もが自分の生きたい人生を生きられることを伝えるために活動しています。

<協会が大切にしていること>
・自分で自分を幸せにする力を育むこと
・人が本来持っている「素晴らしさ」を大切にする姿勢
・誰もが自分らしく心地よくいられる安心安全な空間づくり

<認定講師・認定スペシャリスト>
認定講師  2名  認定スペシャリスト 6名 (2019年1月1日時点)

<協会員制度について>
一般社団法人ひとり言セラピー協会では、学んだ事を実践できるようになるまでの継続学習や「お互いの夢をサポートしあう仲間」を大切にして、活動しています。 協会会員に登録していただくと、会員限定イベント、優先案内などが受けられます。 ◎詳しくはこちらをご覧ください

◆開発者について◆

あな田さゆり(ひとり言セラピー創始者)
元キャビンアテンダント。結婚退職後、子どものアトピーをきっかけに自然療法、各種セラピー、心理学、スピリチュアルなどに興味を持ち勉強し始める。離婚後、収入ゼロ、人脈ゼロの専業主婦からセラピストとして起業するもうまくいかず、頑張っても報われないどん底の日々を経験する。 そんななか、幸せな成功者とそうでない人(自分)の違いは、運や才能ではなく、自分自身との対話、つまり「ひとり言」の質にあると気付く。 そこで、当時運営していたサロンを閉め、自分の「ひとり言」と向き合い、書き換えることに専念する。
「ひとり言」と向き合いはじめて半年が経った頃から、仕事、人間関係、お金、健康など、現実が劇的に変化し、あっという間に全国各地からクライアントが訪れる人気セラピストとなり、10年間でのべ1万人と対話を重ねる。
2013年3月に一般社団法人ひとり言セラピー協会を設立。 

ひとり言セラピーの書籍

 

ひとり言セラピーの書籍全国書店にて発売中!

メッセージブック

ひとり言セラピーフォトメッセージブックひとり言セラピーフォトメッセージブック
本屋には置いてない
限定本です。