自分で自分を幸せにできる人を増やす

2018年9月28日 by hitorigoto No Comment

IMG_1837_f

 

こんにちは。
ひとり言セラピー協会の湯浅です。

こちらへの投稿はとってもご無沙汰しております。

(確かめて約1年ぶりでした…ご無沙汰の域を超えてますね。。。)

 

気がつけば季節も流れに流れ、2018年も残すところあと3ヶ月。

 

そんな2018年、

なかなかひとり言セラピー協会として
表立った活動のご報告などができていませんでしたが、

実は潜っている間、色々色々ありました(^^;

 

その色々については、またおいおいお話ししていくとして…

 

今日はですね、協会からこんなお知らせがあるんです。

 

=================================
2018年10月、
ひとり言セラピー協会の
新しい会員制度がスタートします
=================================

 

先日、受講生の方や協会会員の方へは一足先にご案内しましたが、

2018年10月からひとり言セラピー協会の
<協会会員制度>が新しく生まれ変わります。

 

なので、今日は<会員制度>のお知らせと、

今後の「ひとり言セラピー協会」についてお話していこうと思います。

よかったらぜひお付き合いくださいね。

 

========================================

ひとり言セラピー協会がこれから大切にしていきたいこと

========================================

 

おかげさまで、私がひとり言セラピー協会の代表になって1年半が経ちました。

 

この1年半は 、兎にも角にも手探りの日々で、

うまくいったこともあれば、

思うように前に進まなかったこと、思うだけで実現できていないことも、

それはもう、本当にたくさんあります。

 

そんな日々の中、私自身はずっと

「ひとり言セラピー協会は何のために在るのか?」

「ひとり言セラピー協会を通じて一体何を実現していきたいのか?」

という問いを自分の中で繰り返してきました。

 

で。

長い時間をかけて行き着いたこたえは…

 

実は、とってもシンプルでした。

 

 

<自分で自分を幸せにできる人を増やす>

 

これが、私がこれからひとり言セラピー協会で大切にしていきたいことなんです。

 

***

ちょっとだけ私の過去のお話なんですが、

 

ひとり言セラピーに出会う前の私は、

「私なんてなんの取り柄もないし価値もない」

というひとり言でいつも頭の中がいっぱいでした。

 

学生生活も、社会人になってからも、いつもほどほどそこそこの毎日。

 

不幸のどん底に落ちたこともないし、

大きな不満があるわけではないけれど、

 

代わりに何か大きなことを成し遂げたり

大きな挫折を乗り越えた経験もない…

 

だから、

 

世界を変えたい!と思うほどの志や夢や目標もなければ、

自分が社会に必要な人間だと胸を張って言えるほどの自信もない…

 

そのことがずっとコンプレックスだったんです。

 

「私の人生ってこんなものなのかな…」

「私なんて要らないんじゃないかな…」

 

ふとした時に出てくるのはそんなひとり言でした。

 

自分のことなんてちっとも好きじゃなかった。

 

 

でも、そんなコンプレックスを払拭したい気持ちもあって、

社会人になってからは、自己啓発のセミナーに行ったり

自分磨きの資格取得にお金や時間を投資したりもしました。

 

夢や目標を見つけたい。

私も人の役に立つ人間だと思いたい。

そんな焦りや不安でいっぱいだったんでしょうね。

 

…でも結局、

資格や仲間や知識がいくら増えたとしても、

中身はちっとも変わらなかったんですよね。

 

それどころか、

セミナーや交流会や勉強会に行けば行くほど

うまく行っている人と自分を比較しては落ち込むんです。

 

「私はあの人みたいにはなれない…」「私なんて…」って。

 

 

でもね、

 

実は私、ひとり言セラピーに出会ってから、

このモヤモヤとしたコンプレックスから抜け出す方法を見つけたんです。

 

それは何かと言うと…

 

「私なんて」というひとり言をやめること

 

だったんです。

 

 

そう、

 

「私なんて何の価値もない」って言っていた時は、

自分の人生を嘆いているように見せつつも、

 

自分の不都合を他人や環境のせいにして

自分の幸せは<他人任せ>だったんですよね。

 

だって自分で自分自身の生きる価値を

社会からの評価だとか周りの人間との比較によって

決めていたわけですから。

 

自分の生きる意味すらも他人に委ねっぱなしで、

自分のことをないがしろにしていたんだなって。

 

それじゃあいつまで経っても

他人に振り回される人生のまんまですし、

 

自分の人生を本気で変えようなんて

肚が決まるはずがないですよね。

 

これまで心理学や自己啓発を学んできたけれど、

本気で自分を幸せにするために何もしてこなかったな…

って気がついたんです。

 

 

 

だから私はまず

「私なんて」って言うのをやめることから始めました。

 

そして、

 

「私が私の一番の味方でいてあげよう」

「私が私の幸せにちゃんと責任を持とう」

 

と思いながら日々を過ごすようになったんです。

 

そこから少しずつ人生が動き始めました。

仕事も、周りの人との人間関係も。

 

**

私の人生は私のもの。

そして、あなたの人生はあなたのものです。

 

だからこそ、あなたの幸せについて
責任を取ることができるのもあなただけです。

 

ひとり言セラピーでは、自分との対話を通じて、

自分で自分を幸せにする方法を見つけていきます。

 

私の場合は「私なんて」をやめることから始めましたが、

人によって、自分の人生を左右しているひとり言は違います。

 

だからこそ、ひとり言セラピーを知ることで、

「自分を幸せにできる人」がもっと増えたらいいなと思うんですね。

 

でも、

私一人の力で届けられる範囲にはどうしても限界があります。

だから、<協会>をやっていきたいんです。

一緒にひとり言セラピーを広げてくれる仲間が欲しいんです。

 

「広げる」と言ってもですね、

むやみやたらに宣伝広報して欲しいというわけではありません(笑)

 

自分のひとり言に耳を傾けることで、

自分を心から愛しく思える人が増えること、

自分らしくのびのびと人生を楽しんでいる人が増えること、

それが「広がる」ということだと思うんですね。

 

なので、

ひとり言セラピーを日常生活で実践して、

自分の人生をめいっぱい輝かせる…

 

そんな活動を一緒にしていきませんか?

 

自分で自分を幸せにできる、

そんな人でいっぱいの世の中が作れたら…

 

 

「私なんて…」って自分のことを卑下することも

なくなると思うんです。

 

それが巡り巡って行くと、

今、世の中に蔓延している悲しい事件やニュースも

どんどんなくなっていくと思うんです。

 

小さな一歩かもしれませんが、

こんな世界を作りたいなと思いながら

ひとり言セラピー協会を運営していきたいと思っています。

 

もしも、少しでもピンと来たり共感できるところがあれば、

ぜひ一緒にひとり言セラピー協会で活動していただけたら嬉しいです(^^)

 

==============================

10月からの新しい協会会員制度について

==============================

 

というわけで、その一環として、

ひとり言セラピー協会で一緒に活動してくれる「協会会員」を募集します。

 

10月からは会員特典なども一新して、

ありのままの自分でいられる安心安全な環境のもと、

学んだことを実践するための継続学習のサポートや、

応援し合える仲間とのつながりを大切にして活動していきます。

 

 

協会会員の参加特典としてはこちらの5つをご用意しています。

 

====================
協会会員 5つの参加特典
====================

【特典1】毎月「セラピー動画」を1本お届け

ひとり言セラピーのロールプレイセッションを動画にして毎月1本お届けいたします。他人のお悩みのはずなのに、見ているだけで自分の内側にも気づきや発見が起こる、そんな動画です。

<動画のサンプルがこちらで見られます >

【特典2】セラピー動画の収録に参加できます

特典1のセラピー動画の収録会に無料でご参加いただけます。当日は閲覧のみ、もしくはクライアント役としても参加していただけます。

【特典3】毎月「会員限定勉強会」を受講できます

月に1回「会員限定の勉強会」を開催します。(主な会場は東京になります)こちらに無料でご参加いただけます。*遠方の人や参加できない人には、ライブ配信もしくは後日動画にてお届けを予定しております。

【特典4】会員限定オンラインお茶会にご招待

月2回ほど、オンラインツール「zoom」を使って会員限定のお茶会を開催予定です。こちらにも無料でご参加いただけます。雑談中心の会などゆるゆるとお話しできる、会員同士の交流の機会です。

【特典5】ひとり言セラピー講座を半額で再受講できます

以前ひとり言セラピー協会主催の講座を受講してくださった方は、「お帰り受講(再受講)」をすることができます。協会会員の方は、各講座を半額で再受講することができます。

 

<協会会員のご登録・詳細についてはこちら>
http://hitorigoto.shop-pro.jp/?pid=72705459

 

ご質問などはこちらからお問い合わせください。

●お問い合わせフォーム

 

 

というわけで、

ようやくひとり言セラピー協会も動き出します。

 

実は公式HPもリニューアルを予定していまして

今後新しい動きなども随時ご案内する予定です。

 

自分で自分を幸せにする方法についても

メールマガジンやブログなどを通じて

これから発信していきますので、

こちらも是非お付き合いくださいね。

 

それではまた♪

 

湯浅里美

Read more

セラピストとしての第一歩を歩みだした人たち

2017年10月10日 by hitorigoto No Comment

おはようございます^_^

週末から暑いくらいの快晴が続いてますね〜。
それにもかかわらず私は風邪を継続中で
マスクが手放せない今日この頃…。
おかげで顔半分だけサウナ状態です…(^◇^;)
そんな中、
この3連休は「ひとり言セラピー」の
セラピスト養成講座を開催しました。
image
今回一緒に講師を務めてくれた
認定講師のさとまんさんのブログはこちら
「セラピスト養成講座」
3日目にアシスタントとして駆けつけてくれた
認定講師のさよさんも書いてくれています♪
「セラピストの作り方」
セラピスト養成講座では、
プロのセラピストとしての
・マインド(あり方)
・ナレッジ(知識)
・スキル(対話する技術)
をじっくりと身につけていきます。
座学というよりも実践が中心!
セラピストの対話力を…
ひたすら
{5A7FFA0C-1617-4160-AD9A-CAE8683175DE}
実践…
{A7B8A3B2-1E2F-4F11-B71F-B26289599F92}

実践…

{7143FB30-A90B-4ADD-84BA-480E502A0BCB}
実践……
{97355A86-D397-43BC-9A9A-EF935791896C}

 

実践…
{9CFC45E3-6491-4CE7-8129-B06253A1B3E2}

 

実践…!!!!!(笑)

「いきなり実践なんて大丈夫かな〜」
「私も本当にできるようになるのかな〜…」
始まる前はそんなひとり言でいっぱいだった
受講生のお二人でしたが、
いざスタートしてみたら…
堂々としていましたよ♪ v(。・ω・。)
というのも、
ひとり言セラピーでは
対話の<型>がちゃんとあって、
<型>を知識としてしっかり学んでから
その通りに実践を積んでいくので…
安心して素振りができるんですね。
…と言っても、
初めてのことって
ドキドキするし勇気がいりますよね。
 そして、
対話の練習(ロープレ)が終わるたび
「もっとこうすればよかった〜」
「次はこうしよう〜」
なんて声が受講生さんから
漏れるのを聞くとね、
もっとうまくなりたい、
もっと腑に落としたい、
 
と思うからこそ、
 
ついつい自分自身にも
厳しくなってしまうんだなぁ〜、
とね、
講師としては
その向上心に胸が熱くなります(笑)
でもね、
「まだできていないこと」を
じっくり見つめて反省するのは
もちろん素晴らしいことだけど、
「できるようになったこと」
「チャレンジできたこと」
「頑張ったこと」
にもね、もっともっも
目を向けてあげられたらいいですよね(*´꒳`*)
お尻を叩いてあげるのって
前に進む弾みがついて励みになるけど
そればっかりだと
お尻痛くなっちゃうからね(笑)
そしたら、一歩前に足を踏み出すのも
だんだんしんどくなってきちゃいますからね。
向上心がある頑張り屋さんは、
「すでにできてるところ」を
意識してちょっと多めにカウントしてあげる…
くらいでちょうどいいです(笑)
どんなときでも「人の素晴らしさ」に
目を向け続けてあげることこそ
セラピストにとって大切なあり方ですからね。
これは私も初心に返って
改めて大切にしようって思ったことなのでした。
 
というわけで…
新しいセラピストさんたちが
どんな風に自分らしく活躍していかれるのか
とっても楽しみです(*´꒳`*)
{942B230F-0921-4D5B-A807-BEB7DD407E3D}

お疲れ様でした(*´꒳`*)

一般社団法人ひとり言セラピー協会
湯浅里美

Read more

癒し人にとって最も必要な力とは?

2017年7月6日 by hitorigoto No Comment

貴重なご縁をいただいて、

 

昨日、

 

社会福祉学を専攻されている

約50名の大学1年生の学生さんに

 

「癒し人(対人援助職)のための心の整え方」

 

というテーマで

講義をさせていただきました。

 

 

19724124_1098388596972443_335517508_o

 

 

講義のお話をいただいた時、

 

一体どんなテーマで

お話をしたらいいだろう?
と思ったんですが…

 

大学の先生とお話をしていて

 

福祉のお仕事と

私たちセラピストに

 

大きな共通点があることに

気がつきました。

 

 

それは、

 

癒し人(対人援助職)

 

であるということ。

 

 

 

というわけで、

 

私自身がセラピストとして

大切にしていることや

実践し続けていることを

 

そのまんま学生さんへ

お伝えしてきました。

 

 

 

癒し人にとって

大切な力って

 

やっぱり、

 

自分とのコミュニケーション力

 

であり

 

自分といい関係を築く力

 

なんです。

 

 

 

でもね…

 

 

「人の役に立ちたい」
「社会に貢献したい」

 

そんな思いを抱きながら
社会福祉の道を歩んでいる
学生さんたちからしたら

 

 

「まずは自分」

 

っていうことって、

 

なかなかピンと来ないんですよね。

 

 

 

それよりも

 

「人に優しくすること」

「思いやりの心を持つこと」

 

が大切だって

みんな思っているから。

 

 

 

もちろん、

それは間違っていなくて、

確かに大切なことなんです。

 

 

 

でもね…

 

 

じゃあ、

 

人に優しくって

どうやったらできるのか?

 

 

思いやりって

どうやったら持てるのか?

 

 

ということなんですが…

 

 

 

実はこれって

 

「そういう人になろう!」

「思いやりの心を持とう!」

 

と、意気込んだからといって

できることではないんですね。

 

(それっぽく振る舞うことは

できなくはないですけどね…)

 

 

 

じゃあどうしたらいいか

ということなんですが…

 

 

やっぱりね、

 

 

まずは<自分>から

 

 

なんです

 

 

じゃあなんで

まずは<自分>なのかというと…

 

 

 

人は、自分を癒したほどにしか

他の人を癒すことはできない

 

から。

 

 

 

これは私がセラピストになる前に

師匠から言われた言葉で、

 

そこから約3年間

セラピストとして活動してきて…

 

 

このことを

痛いほど実感しています。

 

 

 

 

自分の心を

バケツに例えるとしたら…

 

溢れるくらいのお水で

満たされていたら

 

周りの人にもそのお水を

分け与えることができます。

 

 

でも、

 

もし自分のバケツが

カラッカラだったとしたら…

 

 

どんなに与えたいと思っても

与えるお水がないので

当然与えることはできません。

 

 

周りの人からしたら

 

「いやいやむしろあなたが

お水もらってくださいよ!」

 

って感じです( ̄ー ̄;

 

 

だから、

 

 

もしも

 

「人に温かい言葉を

かけられる人になりたい」

 

と思うのであれば、

 

 

自分の中を「温かい言葉」で

いっぱいにしてあげることが

とっても大切なんですね。

 

 

 

…とっても大切なんですが、

 

これって言葉尻だけでは

なかなか理解できないんですよね…。

 

 

 

なので、

 

今回、学生さんたちには

グループワークを通じて

体験しながら学んでいただきました。

 

 

19720160_1098388620305774_199202786_o

 

19820869_1098388460305790_426473232_o

 

19807810_1098388470305789_216586193_o

 

 

 

お一人お一人

とっても真剣に取り組んでくださって、

 

あちこちで笑い声や頷きが起こって

 

なんだかジーンとしちゃいました。

 

 

 

自分とコミュニケーションをとって

自分といい関係を築くこと

 

 

やっぱりこれ、

癒し人にとって

最も必要な力だって思うんです。

 

 

だって、

 

自分の内側に無い言葉は

心から人に伝えることは

できないから。

 

 

そんなことを約1時間

メッセージさせていただいたんですが…

 

受講してくれた学生さんからは

こんな感想をいただきました。

 

 

ナリッシュワード(自分が言われて嬉しい言葉)を自分にも他人にも使うことは、とても大切だと感じました。困難にぶち当たった時に立ち直るきっかけを作れそうです。

 

 

 

最近、バイトで大きな失敗をしてしまい、自信をなくしていました。自分を励まし、肯定できるようになれば、このような悩みも解決できるかも、と思いました。

 

 

こんな授業は初めてだったけれど、自分に対しての言葉が変わりました。ありがとうございました。

 

 

自分に対して、温かい言葉をかけることによって、人に対しても温かい気持ちで接することができると感じました。将来仕事をした時にも役にたつと思ったし、家族や友人にも役立たせることができると思いました。

 

 

最近テレビなどでは「自虐=おもしろい」みたいになっていて、その影響で私生活にもそういうノリが増えているけれど、「ほめることでも面白くなる」ということがわかりました。人の心をすり減らすことなく、明るい雰囲気になるんだなと思いました。

 

 

(将来福祉のお仕事についた時に)施設に入所してくる利用者さんたちは、少なからず「できない」ということに落ち込むと思うので、そういう人たちにも元気を与えるのに活かせると感じました。

 

 

他にもたくさんの感想をいただきました。

 

 

 

今回の講義は、

学生さんたちにとっては

これから送る学生生活の中の

ほんの一コマにすぎません。

 

 

 

だけど、

 

 

この先、

 

辛いなと感じた時、

 

自分のことが嫌になった時、

 

誰かと上手くいかなくて

落ち込んだ時…

 

 

そんな時にこそ、

 

自分にナリッシュワード

(自分が言われたい言葉)を

贈ってもらったときの

 

心がジーンと

温かさで満たされた感覚を

思い出してもらえたらいいな…

 

そう思っています。

 

 

 

 

未来ある学生さんたちが

 

自分と仲良くなって、

 

「人の役に立ちたい」

という自分の温かい思いを

叶えてあげられる人になることを

 

これからも心から

応援していきたいなって思います。

 

 

 

 

貴重な機会をいただき

私の方が学生さんたちから

多くのことを学ばせていただきました。

 

 

私は私で、

今回学んだことを

目一杯還元していきたいと思います。

 

 

 

 

それではまた♪

 

 

 

 

一般社団法人ひとり言セラピー協会

湯浅里美

 

Read more

1 2 3 345