伸び悩んでいる時期に効果的な声かけとは

2015-08-18
カテゴリー: 人生をよくするひとり言

娘は受験生で、

私が仕事している横で

一緒に勉強することがあります。

この夏も朝から晩まで予備校に通い

勉強に取り組んでいるのですが、

つい先日、

私の横に座ってテキストを開きながら

「やってもやっても、

やらなきゃいけないことはなくならなくて、

やればやるほど自信がなくなる」

というようなことを

ポツリとつぶやきました。

高校を辞め、

周りの大人がハラハラすることばかり

していた時期もあった娘ですが、

自分で大学受験すると決めて以来

彼女の口から泣き言を聞くのは初めてだったので、

「あら? どうかしたの?」と話を聞くと

いわゆる伸び悩みの時期だということが

分かりました。

「ふんふん」「そーかっそーか」と

話を聞きながら、

ひとり言セラピーでお伝えしている

enoughの法則の話をしました。

そして、

「放っておくと、

人は足りないところばかりを見るからね。

できてないところもあるけど、

この数カ月でできるようなったことも

たくさんあるはずよ。

できてないところだけでなく、

できてるところもちゃんと見てあげてる?」

こんな感じで問いかけてみると、

娘はハッとした顔になり、

こんなことを言いだしました。

「そ~いえば、私、答え合わせするとき、

間違ったところにバツつけることしか

してない・・・」

(私)

「あら、それは大変だわさ(笑)

答え合わせをしてくれる先生がいたとして、

答案用紙の間違ってるところに、

バツだけつけて返してくる先生と、

できたところに◯もつけて返してくれる先生がいたら、

どっちの先生に見てもらいたい?」

(娘)

「◯もちゃんとつけてくれる先生がいい」

娘はそれ以来、答え合わせのときに、

◯をつけるようになりました。

聞くと、

1日1時間ほど答え合わせの時間があるそうで、

いちいち◯をつけるのは

手も痛いし、すごく手間になる。

だけど気分が全然違うって言ってます。

これって、

勉強だけに当てはまることではなくて、

幸せな人生を生きるうえで

とても大事なことだと思うのです。

私たちはつい

「できて当たり前」の評価を自分に下しがち。

でも本当は当たり前なんかじゃなくて、

そのために何かしらの努力をしてるんだよ。

それをちゃんと評価してあげないで、

できないところばかり見て

「まだまだ」「もっともっと」

という声かけばかりをしていたら、、、

誰だって苦しいし、嫌になっちゃうよね。

自分はダメなんだって思っちゃう。

今回の◯つけの件は、

娘の人生にとって

とてもいいトレーニングになると思います。

だって、受験勉強してる間、

毎日自分に1時間◯をつけるんだよ。

数学の公式は大人になったら忘れちゃうけど(笑)、

◯つけの習慣化は、彼女を必ず幸せにしてくれる。

数年後どんな大人になるか、

彼女に関わる一人の大人として

楽しみで仕方ありません。

そして、

この仕事をしていて

この技術を持っていて

本当によかったと心の底から思う。

クライアントさんのサポートができるのも

もちろん嬉しいけど、

大切な人が必要としているときに

適切なサポートができることは

プライスレスの価値と喜びを

私にもたらしてくれる

みなさんも、

今日1日の中でも

・よくできたこと


・以前よりできるようになったこと

・まだできてはいないけど頑張ったこと

があるはずです。

自分に◯をあげてくださいね~。

毎日の積み重ねこそ、幸せへの近道です。

自分にそれができると、とっさに他人にもできるようになります。
まずは自分から、ね♪

{70F56BD5-C66A-4928-9A74-39E5FD39A231:01}

娘の大好物のクーブイリチー。
(昆布の炒め物)

毎回「うどんかっ!」と
突っ込みたくなるほどの
食べっぷりを見せてくれます。

作る甲斐がありまする。

◎ひとり言セラピー体験会情報◎
東京、名古屋、大阪、福岡で開催中!

登録しておくと
更新情報が届きます。

読者登録してね

背中のはみ肉をなくす方法2〜人のはみ肉を笑ってる場合じゃないですよ〜

2015-08-18
カテゴリー: 人生をよくするひとり言

昨日、自分では気づけない

背中のはみ肉の話を書きましたが、
自分の背中のはみ肉に気づくのに
もう一ついい方法があります。
それは、
人がはみ肉してるのを見た時です。
人がはみ肉してるのを見て
「なに~、あれ Σ(~∀~||;)」
「醜い」「かっこ悪い」と
心の中であざ笑うのは簡単ですが、
そこでふと、
「あれ?自分はどうかな~⁈
もしかして、私もはみ肉ってないかな?」
って見てみることができる人は、
実はすごく少ないのです。
人の姿や言動を批判非難するのは
誰でもできます。
でも多くの場合、
批判非難している人は
批判非難している人と
ニヤリーイコールなんです。
あ、ニヤリとして一緒ではなく、ほぼ一緒という意味です。

そんなこと、分かってるって⁈

はい、すいません。
人のことをあーだこーだ言ってる時は
〈目くそ、鼻くそを笑う〉になってる時です。
認めたくないと思いますが、
あなたが

「許せない~!」
「ありえない!」
「あほちゃうか」

っと心の奥底で密かに感じている人は、

〈鏡に映ったもう一人のあなた〉です。



ここで

「私は目くそよ!鼻くそと一緒にしないで!」

とか、言わないの笑。





ここで大切なのは、

いったんそのことを受け入れる、

ということです。




自分も実は周りから見たら

あの人と同じように

見られているかもしれないと

疑ってみる、ということです。






まだ「いやいやいや…」と言う声が

聞こえてきそーですが、、、





子どもに

「うるさい!静かにしなさい!」

と注意しているお母さんの声が

実は一番うるさかったりするでしょう~?





アレと同じ笑。




自分がはみ肉バリバリなのに、

人のはみ肉を指さして笑ってることほど、

恥ずかしいことはないですよね。







嫌いな人、許せない人、

バカにしている人に対して、

密かに言っているひとり言の主語を

自分に置き換えてみると、

自分の背中が見えてきます。
人のはみ肉見て、我がはみ肉なおせ。
ですね~。
はみ肉ならば目に見えるので
分かりやすいですが、
できれば見たくないけど笑



自分の行動って
なかなか客観的に振り返れないですからね。
人の言動を見て、
「許せない~!」
「ありえない!」
「あほちゃうか」

って言うひとり言が出てきた時は

自分を客観的に見るチャンスですので、

主語の置き換え、やってみてください。




モデルさんは、
何をしていても

客観的に自分をチェックできるように

部屋中に鏡を置いているとか、


毎日お風呂上がりに

すっぽんぽんのまま全身鏡で

自分のカラダをくまなくチェックするって

言いますよね。




主語の置き換えは、

これと同じ効果があります、




心のはみ肉なくして

内面から美人さんになりましょ~ね´◡`




私も大丈夫かな?


書いてて不安になってきたよ笑。




{44ED196F-B1E2-49D1-A41A-5B6AD4FFA3A9:01}

写真はスイスのマッターホルン。


マッターホルンといえばこの形ですが、

この山もこの形に見えるエリアは限られていて

他の街からだとこんな風には見えないのですよ。




東京、名古屋、大阪、福岡で開催します。

読者登録しておくと
更新のお知らせが届きます。

読者登録してね





背中のはみ肉をなくす方法

2015-08-16
カテゴリー: 人生をよくするひとり言

先日、背後から娘にこう囁かれました。

「ママ、

ヤバイことになってるよ((゚m゚;)」
「えっ⁈   何がヤバイの⁈」
{95CF1DB7-EED9-4701-A232-A9389FDE9958:01}

はい、背中のはみ肉でした:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

キャー、悲しい。
でも、教えてもらってよかった。
自分ではなかなか気づけないからねー。
背中のはみ肉だけじゃなく、
人って自分のことは
客観的に見れないもの。
見たいものを
見たいように見ているからね。
「肉、はみ出でるよ」って言われても
「いや、これは、今日はたまたま…」なんて、
言い訳したりして(///∇//)
ええ、本当は認めたくなかったさ笑。
人ってつくづく
自分を正当化したがる生き物だなって
思うわけです。
耳が痛い、
穴があったら入りたいようなことでも、
言ってくれる人がいるから
気が付ける。
最初
「んな、アホな」
とか
「コンチキショー」
とか
思うけどね。
気づかないうちは

改善のしようがないので、


はみ肉だけでなく

何事も気づくことが第一歩なのです。
そういう意味で、
セラピストになるためのトレーニングは
物事を客観的に見る力を養ってくれる

いい機会だと思います。





見たいものだけ見て

悲劇のヒロイン、

メロドラマの主人公になっているクライアントに、

広く高い視野を与え、

色眼鏡を外して物事をニュートラルに見る

お手伝いをするのが、私達の仕事。




私も何回も

溺れそうになって騒いでいる人に

「あ、そこ、足つきますよ」って

伝えてきました。




「あ、あなた、別にかわいそうじゃないですよ」

とも。





客観的な視点をもてるようになると、

水たまりで溺れそうになってる人が

分かるようになりますし、


自分のことも

「おっと、危うく水たまりで溺れるとこだったぜ」

って気づけるようになります。





はみ肉を注意してくれた人にも
(言いにくいことを言ってくれた人)

感謝できるようになりますし笑。







9月はセラピスト養成講座があります。


それまでに、

はみ肉なんとかしておきます( ̄^ ̄)ゞ




セラピストに興味がある人は
まずはこちらにどーぞ。
↓↓↓


東京、名古屋、大阪、福岡で開催します。

読者登録しておくと
更新のお知らせが届きます。

読者登録してね

1 2 3 345