終わりに寄せる想い

2012-03-24
カテゴリー: 徒然

始まりがあるものすべてに終わりがある。
終わりがあるから、
愛おしく、また、大切にできるんだろうな。
息子の卒業式の最中にそう思いました学校
卒業に寄せる感覚を
「悲しいとか寂しいとかはないけど、
胸に穴が空いたような妙な感じ」と
表現した彼。
小5で転校し、
また同級生の多くが同じ中学に行く彼ですが、
「ひとつの節目」「ものごとの終わり」を感じたみたいです。
大人になると、みんな一斉に終わりを迎えることはなくなりますが、
やっぱり、
すべてのことに「終わり」がつきまとうことには変わりないわけで…。
「お腹が痛いぐらいで休まなければよかったかなぁ」
なんてことも、言ってました(笑)
分かっちゃいるけど、耳が痛い叫び
すべてのことに終わりがある。
このことに今より少しだけでも意識をもてたなら、
あらゆる結果が変わるかもしれない。
求めるものも今よりずっと
手に入れやすくなるかもしれないなぁキラキラ
iPhoneからの投稿

オンナに生まれて

2012-02-28
カテゴリー: 徒然

photo:01



部屋中に虹虹
窓辺に吊るしたこの子のしわざキラキラ

photo:02



朝が来るのが、前よりもっと楽しみになりました晴れ
この世界には、
たくさんの美しいもの宝石白
愛らしいもの、
愛しいものがあって、
それに触れる度ドキドキしますドキドキ
なんでも、日常の些細な部分に
シアワセを感じとる能力は、
女性の方が長けているとか。
女性として生まれてきてよかったドキドキ
オンナでよかった(笑)
だって、一生の中で感じられる喜びが、
多いんだもんラブラブ!
ふと、そんなことを感じた
冬と春が混じり合う二月の朝でした。
iPhoneからの投稿

死ぬ前に語られる後悔

2012-02-14
カテゴリー: 徒然

 


もし今日が人生最後の日だったら、あなたは後悔を口にしますか。

それはどのようなものですか。

人生最後の時を過ごす患者たちの緩和ケアに数年携わった、

オーストラリアの Bronnie Ware さん。彼女によると、

死の間際に人間はしっかり人生を振り返るのだそうです。

また、患者たちが語る後悔には同じものがとても多いということですが、

特に死を間近に控えた人々が口にした後悔の中で多かったものトップ5

以下のようになるそうです。
 
1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった」
「他人に望まれるように」ではなく、「自分らしく生きれば良かった」という後悔。Ware さんによると、これがもっとも多いそうです。人生の終わりに、達成できなかった夢がたくさんあったことに患者たちは気づくのだそう。ああしておけばよかった、という気持ちを抱えたまま世を去らなければならないことに、人は強く無念を感じるようです。
 
2. 「あんなに一生懸命働かなくても良かった」
男性の多くがこの後悔をするとのこと。仕事に時間を費やしすぎず、もっと家族と一緒に過ごせば良かった、と感じるのだそうです。

3. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」
世間でうまくやっていくために感情を殺していた結果、可もなく不可もない存在で終わってしまった、という無念が最後に訪れるようです。
 
4. 「友人関係を続けていれば良かった」
人生最後の数週間に、人は友人の本当のありがたさに気がつくのだそうです。そして、連絡が途絶えてしまったかつての友達に想いを馳せるのだとか。もっと友達との関係を大切にしておくべきだった、という後悔を覚えるようです。
 
5. 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」
「幸福は自分で選ぶもの」だと気づいていない人がとても多い、と Ware さんは指摘します。旧習やパターンに絡めとられた人生を「快適」と思ってしまったこと。変化を無意識に恐れ「選択」を避けていた人生に気づき、悔いを抱えたまま世を去っていく人が多いようです。


とても考えさせられる記事でした。


これを教えてくれた男性は、今、

「余命3か月だとしたら、何をするか」 という基準で

日々考え、行動しているそうです。

「おかげで、すごくすっきりした」と、

すっきりした笑顔で言ってました(笑)

ちっちゃいことは気にならなくなったって。


私も今日死んでも後悔しないよう生きてるつもりですが、

ついイラっとして、

大切な人にキツイこと言っちゃったりプンプン

まだまだ伝えきれていない想いシラーも、あるなぁって。。。

もちょっとだけ、丁寧に生きてみよニコニコ




1 2 3 345