近いうち貨幣経済は崩壊するって、本当ですか⁉︎

2016-12-2
カテゴリー: 無限の豊かさが手に入るひとり言

先日認定講師の方々とご飯を食べていて
こんな話題になったので
私的な解釈を書いておきたいと思います。
 
 
いろんなところで
まことしやかに語られている
貨幣経済の崩壊ですが・・・
 
 
 
はい。
 
 
私的には
 
 
近いうちにそうなると思います。
 
 
 
 
でも
 
 
すべての人にそれが起こるわけではない
とも、思っています。
 
 
 
 
 
これから先も
貨幣経済自体は存在し
そこで生きる人たちもいると思います。
 
 

どちらの世界で生きるかは 
自分の選択です。

自分が決めた方で生きます。
 

今の貨幣経済システムの中で
生きていくのを選ぶ
または、無意識のうちに選び続ける人生も
ありだと思います。

何が幸せかは
人によって違いますから
どっちを選んだ方がいい
という話ではありません。

 

 一方で 

現在の貨幣経済システムとは
関係ない世界で生きておられる方も
もうすでにおられます。 
 

 
仕事もそうだし
見るもの、聞くもの、
食べるもの、触れるものなども
 
お金に関係なく
自分にとって最高のものを選びながら
自由に暮らしている人たちです。
 
 
 
それは
金額が高いものを選べるようになる
という意味ではありません。
 
 

選ぶ基準が
お金ではなく
<自分にとって最高のものか>に
なるということです。
 
 
 
 
 
先ほどふと
世の中には
陸で生きている人と
水中で生きている人がいるなぁと
 
思いました。
 
 
 
お金=空気と考えてみてください。
 
 
 
水中では空気が吸えない。
 
 
だから
酸素ボンベを背負って
海に潜ります。
 
 
My空気ですね。
 
 
My空気には限りがあります。
 
 
だから
常に残量はチェックしていなければなりませんし
なくなったら、THE ENDです。
 
 
そして
実は残量がまだ十分あっても
THE ENDになることもあるのです。
 
 
 
私はダイビンクの講習に参加した時
十分な量の酸素の入ったボンベを
背負っているにも関わらず
呼吸困難に陥りました。
 
 
 
原因は
恐怖心です。
 
 
恐怖心から私は過呼吸に入り、
呼吸困難に陥ってしまったのです。
 
 
 
 
実はお金に関しても
私たちはこんな状態にあるのだと思います。
 
 
 
現在の貨幣経済システムの中で
どっぷり生きている人にとっては
 
自分のお財布や口座のお金だけが
自分にとってのお金で
お金がなくなると
人生も終わりだと信じています。
 
 
でもそれは
自分で背負ってる酸素ボンベの中にある酸素だけが
自分が吸えるすべての酸素だと思っているの同じです。
 
 
 
 
 
 
一方で
 
私たちは陸にいるとき
空気のことなど気にもしません。
 
 
空気がなくなることを気にして
呼吸を制限することもありませんし
行動を制限することもありません。
 
 
 
必要以上に多く空気を
取り込もうとしたり
溜め込もうとすることもないです。
 
 
 
それは
自分が生きていくのに必要な分の空気は
常にちゃんと自分のところにあるのを
知っているからです。
 
 
知っているというより
一度も疑ったこともないぐらい
当たり前に信じています。
 
 
 
空気に関して
私たちがそこまで信じられるのは
 
「空気は吸いすぎるとなくなるから
無駄に呼吸しちゃダメ」
 
「うちには空気がない」
 
「あなたが空気を吸えるのは
お父さんが頑張って働いてくれてるからよ」
 
「いったい誰がお前の空気を
用意してやってると思ってるんだ」
 
とかいうことを
一度も耳にしてないからじゃないかな〜、と。
 
 
現在の貨幣経済の中で育ってきた人は
表現等の違いはあったとしても
お金に関して
少なからずそういう言葉を耳にして
今に至っていると思うのです。
 
 
 
 
でも、考えてみると
 
人生の中で
本当にお金がなくなったこと
 
ありますか???
 
 
 
 
あ、借金は
お金がない状況じゃないですよ。
 
借金のある人も
食べ物買うお金や生活するお金は
なくなってないでしょ。
 
 
 
 
要は
 
 
<生まれてから死ぬまで
お金はずっとある>
 
ということなのです。
 
 
そっちのほうが
疑いようのない真実なのです。
 
 

にも関わらず
お金に関わる心配、不安、恐怖を
手放すのは、、、

なかなか手ごわい(^^;

 
だからこそ

自分で決めることが大切だと思うのです。

どの世界で生きるかを。

 
というわけで
 
お金がないと思っている人は
陸の上で酸素ボンベをしている人です。
 
 
 
 
貨幣経済の崩壊とは
 
自分が陸の上で酸素ボンベを背負って
生きてることに気づいて
勇気をもって外してみた人に訪れる世界だと
私は思っています。
 
 
 
そしてそれは
 
私(My)の世界から
私たち(oneness)の世界への
移行でもあると思います。
 
 
 
 
 
 
(おまけ)
 
あとでわかったことですが、
私が呼吸困難に陥っていた場所は
岸から2mほどしか離れておらず
足がつく深さのところでした^^;

 

 

こわいけど、
ボンベ、手放しちゃう⁈
(๑˃̵ᴗ˂̵)

お金のために

2016-09-19
カテゴリー: 無限の豊かさが手に入るひとり言

受講生の方からこんなメッセージをいただきました。

勇気をもらったのでシェアしますね。

*********

さゆりさん 

ありがとうございま~す(^○^)

仕事を辞めたわたしは、

本格的に陶芸教室オープンを目標に、

知り合いの教室オーナーのところで

絶賛修行中です

ただ、

無給なので現実的に金銭面で

不安になることもありますが…(–;)

そんな時は、

法則を使って自分と対話してます

ひとり言も引き続き、がんばりま~す(^○^)

*********

このわたしとしての人生は、

一度きりだからね。

好きなことさせてあげようね〜♪

無給でも、
いま、
生きられてるなら、
大丈夫ってこと。

必要なものはすべて与えらてるし、

これからも与えられるから^ ^

お金のために
やりたくないことをやめられない人
やりたいことを始められない人

届くといいなぁ♡

わたしも

ほとんど仕事しなくなって

約9カ月が経ちましたが、、、
大好物のシャインマスカットを

頬張れる日々をおくれています(笑)

手放す時はこわかったけど
怖いのは最初だけで
案外なんくるなかったさー♪

◎9/24福島に行きまーす♪来れる方、来てね♡

出たら入ってきた

2016-09-15
カテゴリー: 無限の豊かさが手に入るひとり言

そう。

出たら

入ってくるのです。

呼吸と一緒。

吐いたら吸うでしょ。

吐かなきゃ吸えないでしょ。

そして。

仕事

人とのご縁

お金

も、一緒。

こわいのは

「今よりいいものが

手に入らない」

「もう二度て

手に入らないかもしれない」

「わたしには

その能力や魅力がない」

根っこ(潜在意識)で
信じているからであって

それは

真実ではありません。

出したいもの、
出すべきものを
出せば

今の自分にぴったりなものが
ちゃんと入ってくるように
なっています。

愛をもって

感謝をもって

自然の流れ、心の流れに

身を任せましょう。

無理矢理ひっぺがしたり
投げすてる必要はなく

怖くて握りしめていた手のひらの
チカラを抜いて
ふんわり開く感覚かな。

すると
離れるべきものは
ふわっと離れて
それ自体も次のあるべき場所に行き

あなたの手にも
入るべきものがふわっと入ってくる。

あるいは

手を開いても

残るものはちゃんと残る。

だから

安心して

自然の流れ

心の流れに

任せてみよう。

◎出たら入ってきた◎

1 2 3 345