コミュニケーション力が上がるひとり言

人間関係

こんにちは。
ひとり言研究所 所長の湯浅里美です。

今日の研究テーマは「コミュニケーション力」です。

春は、新しい人との出会いや、新しいコミュニティに参加する機会も多いですよね。

そんな時、あなたはスムーズに人と関係を築くことができる方ですか?

それとも、ちょっと憂鬱だなぁと感じることが多いでしょうか?

 

ちなみに私はと言うと…春はいつも、ワクワクよりも少し憂鬱の方が多かったですね。

新しい環境で馴染めるかなぁ…
新しい人たちと仲良くなれるかなぁ…
上手くやっていけるかなぁ…

そんな<ひとり言>でいっぱいでした。

周りからは「そうは見えない」と言われることが多いですが、ものすごく人見知りだし、コミュニケーションには苦手意識が強かったんですよ^^;

なので、長い間「自分はコミュ力が低い」と思って生きてきました。

 

そんな私ですが、<ひとり言>を研究するようになって、あることを意識するようになってから、コミュ障がかなり改善されました。

今でも新しい人間関係に飛び込む時は、最初はドキドキはしますが、憂鬱さはかなり少なくなったなぁと感じます。

なので、今日はコミュ障だった私が実践した「コミュニケーション力が上がる方法」についてお話をしていこうと思います。

もしもあなたが、

私って人見知りだしコミュ力が低いんだよな…
もっとスムーズに人間関係が築けるようになりたいなぁ…

と感じているのなら、ぜひ試してみてくださいね。

 

*****

コミュニケーション力を上げたいあなたに、最初に取り組んでもらいたいことは…

そもそもまず、

私、コミュニケーション力が低いんです…

 

と、言うのをやめること

です。

 

…これ、実はものすごく重要なんですよ。

私は「言葉が人を作る」と思っているんですが、
これってどういうことかと言うと、

「私はコミュニケーション力が低い人間だ」と言えば言うほど、あなたはそういう人になってしまう、ということです。

 

たとえこの言葉を直接口にしなくても、
たとえば、心の中でいつも、

私ってコミュニケーション下手だな…
だから人とうまく付き合えないんだよな…

と考えていたとします。

その言葉は、他の誰が聴いていなくても、「自分自身」だけは、常に聴いている状態なんですね。

むしろ、無意識のうちに「お前はそういう人間なんだ」と言い聞かせ、思い込ませているのと同じだとしたら…いかがでしょうか?

もしもそんな状態の時に、人間関係で困った出来事が起こったり、嫌な思いをしたりすると…

 

やっぱり私がコミュ障だからダメなんだ…

って思いそうじゃないですか?

 

「私はコミュ力が低い人間なんだ」という思いが
「私はコミュニケーションに問題がある」という情報をどんどんかき集め、蓄積していってしまうんです。

そんな蓄積データと、目の前で起こった出来事を無意識に照らし合わせて「やっぱり私はダメなんだ」と思い込んでしまう…

これって結構怖いですよね^^;

なので、コミュニケーション力云々に限らず、
「私ってこういう人間だ」と断言する言葉って、
ちょっと気をつけた方がいいんですね。

だから、そもそもまず、人とうまくコミュニケーションを取れるようになりたいと思うなら、

「私はコミュニケーション力が低い人間だ」
って言うのをやめることが大切なんですね。

私も、まずはここからスタートしました。

 

*****

で、ここを押さえた上で、次にぜひ意識してほしいことがあるんです。

それは…

そもそもなんで、コミュニケーション力を上げたいの?

ということです。

この「そもそもなぜ」は人によって違うかもしれません。

でも、おそらくですが、
ものすごくざっくりまとめてしまうと

「仲良くなりたいから」

ということじゃないかと思うんです。

それなのに、上手く関われない自分…
つい人見知りをして尻込みしてしまう自分…

きっと、コミュ力が低くて落ち込むのは、そんな「仲良くなりたいのに上手くできない自分」がもどかしいから、なのでは?

 

これ、ものすごく大切なことなんです。

コミュニケーション力について考えた時、
ついつい

  • 上手く人と喋れない…
  • 人前に立つと緊張してしまう…
  • 新しい人と会うのが憂鬱…
  • 当たり障りのないことか話せない…

というように、ついつい「苦手なこと」や「上手くいかないこと」にフォーカスをしてしまいがちです。

でもね、大切なのは、そもその原点にある
「仲良くなりたい」という想いですよね。

 

だから、まずは、その気持ちを受け止めてあげることが大切なんです。

そっか、私は仲良くなりたかったんだね

ってね。

 

人見知りをしている時や、人とのコミュニケーションに悩んでいる時って、なんだか周りの人が怖く感じたり、受け入れてもらえないんじゃないかっていう不安が心の内側にあったりしませんか?

少なくとも、私自身はそうでした。

でもね、
「周りの人が受け入れてくれるかどうか」を
気にしているということは、

「私はこの人たちに好かれたいし、
この人たちといい関係でいたいんだ」

ということの裏返しなんだと気づいた時に
ハッとしたんですよね。

 

私はどうせコミュ力が低いんで…

と言っている人と、

私はあなたたちと仲良くなりたい!

と言っている人とでは、
発するエネルギーが全然違いますよね。

自分の内側に閉じこもっていた気持ちが、パァっと外側に開いていく感じがしませんか?

あなただったら、↑のどちらの人と仲良くなりたいでしょう?

 

これって良い人間関係を築くコツでもあります。

人って、好意を向けられたら悪い気はしないと思うんですよね。
仲良くなりたい」「いい関係築きたい」と言ってくれる人のことを邪険にする人っていないとそんなにいないと思いませんか?

 

なので、実はコミュニケーション力を上げるって、そんなに難しい話じゃないんですよ。

自分の中で
私はこの人と仲良くなりたいんだ
ということを意識しながら人と接するだけで、

実は自然と心って開いていくし、自然とコミュニケーションって生まれるんですね。

たとえ人と喋るのが苦手だったとしても、
こういう好意や温かい気持ちって、
表情や雰囲気なんかにちゃんと出てくるんです。

そして、人ってそういう空気を意外とキャッチしているものです。


コミュニケーション力って、会話力が全てではなくて、非言語の部分もすごく大切ですよね。

だから、今日のお話は、「会話力」が上がるかというとまた別問題ですが、コミュニケーション力自体は、これでめちゃくちゃ上がります。

 

私もね、これを意識するようになってから、新しいコミュニティに飛び込む時や、新しい人との出会いが、以前よりも楽しめるようになりました。

でね、最近はこんな風にも思うんです。

「こんなに仲良くなりたいって思ってるなんて、
 私はどんだけ<人が好き>なんだろう」

って(笑)

好きだから仲良くなりたいと思うし、
好きだからうまく人間関係築けないと苦しい…

もしかすると私のように、人間関係やコミュニケーションで悩んでいる人は
悩んでいる分だけ、人が好きなのかもしれませんね。

だから期待をするし理想も高くなる。

 

きっと苦しいこと、悩むこと、落ち込むことは
これからもあると思うんです。私もあなたも。

でもね、そんな時は自分に問いかけてみて欲しいんです。

私は本当はどうなりたいの?

って。

その時に、

そうだ、私は仲良くなりたいんだ。

と思い出せたら…きっと、表情筋がふわっと緩むのが感じられると思います。無理に笑顔を作ろうとしなくてもね。

人とコミュニケーションを取る上では、それが何よりも大事。

怖い顔をしていたり、ビクビクした顔をしていると、周りの人も近寄りづらいですからね〜^^;

 

…いかがでしたでしょうか?

今回のお話は、劇的に会話上手になるとか、
劇的に人見知りが治る、みたいな話ではなくて、
もしかしたらちょっとがっかりした人もいるかもしれませんね。

でも、こういう根本的なところが一番大事だと私は思うんです。

 

会話術だとか笑顔の練習だとか、そういうテクニック的なものって、いくらでも後から身につけられます。

でも、そういうテクニックでさえも、

「そもそもなんでそれを身につけたいのか」

ということが大事で。

「仲良くなりたい」という気持ちが伴ってなかったら、いくら表情や話し方を身につけても、ちっともそれは相手に伝わりませんからね。

それはもはやコミュニケーションではないよな…
と私は思うんですよね( ̄▽ ̄;)

 

というわけで、
人と仲良くなりたいあなたは、ぜひお試しあれ♪

 

コミュニケーション力が上がるひとり言
「仲良くなりたい、という気持ちを大切にしよう♪」
人間関係
湯浅 里美をフォローする
投稿者プロフィール
ひとり言研究所所長
湯浅 里美

一般社団法人ひとり言セラピー協会・代表。
自分と仲良くなる心のメソッドを、ブログやラジオなどを通じてお伝えしています。

湯浅 里美をフォローする
ひとり言研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました