「変に思われたらどうしよう」というひとり言が出てきたら…

人間関係

こんにちは。
ひとり言研究所 所長の湯浅里美です。

前回の記事にもちょろっと書きましたが、
春は環境が変わったり、新しい出会いもある<スタート>の季節でもありますよね。

 

新しいことを始めるときや
新しい環境に飛び込むときって、

どんな<ひとり言>が浮かびますか?

どんな出会いが待っているかな?
どんな風にやっていこうかな?

といった「ワクワク」もあれば、

もしかすると、

私、本当に大丈夫かな…?
うまく出来るかな…?

といった「ソワソワ」もあるかもしれませんね。

 

で。

時には…こんな<ひとり言>が出てくることがありませんか?

変に思われたらどうしよう…。

 

何かを始めようとしたときに、
まるで急ブレーキがかかったように
動けなくなってしまう…

そんな経験がある人もいるかもしれませんね。

で。

実は、ですね。

そのブレーキの正体は、この

変に思われたらどうしよう…。

という<ひとり言>なんです。

なので、新しいことを始めたいのに
なかなか一歩が踏み出せない…という人は、

この<ひとり言>とうまく付き合うことが
実はものすごく重要なんですね。

*****

かく言う私も、この<ひとり言>とは
長い長いお付き合いをしておりまして…

「変に思われたらどうしよう…」と思って
踏み出す足をためらったことは数知れず…^^;

そんな私が、
今までの人生で最もこの<ひとり言>と向き合ったのは

「セラピストとして独立する!」

と決めたときでした。

特に、こうしてブログを書いたり
SNSで近況報告を発信し始めた頃は、

こいつ何言ってんの?
って思われたらどうしよう…。

変なこと始めたって怪しまれるかも…。

と、たびたび葛藤していましたね。

SNSは、私の過去をよーく知っている友人や、
会社員時代の先輩や同僚とも繋がっていたので、
どう思われるかはやっぱり気になりました。


でも、

ある時から、自分の中で
「変に思われたらどうしよう…」
と、ブレーキを踏む回数が減っていったんです。

そうすると、

自分が何を考えているか、どういう活動をしているのか、発信することがだんだん楽になっていったんですね。

 

どうしてブレーキを踏む回数が減ったのか?
ということなんですが、

実は当時、ひとり言セラピーを使って
↓のように、自分とよく対話をしていたからです。

ちなみに、ひとり言セラピーというのは、自分の心の内側に、自分に寄り添い、応援し、客観的なアドバイスをくれる「セラピスト」を育てていくメソッドです。
なので、しばしば私の脳内では、「悩みを抱えた私」「セラピストの私」が会話をすることによって、現実に起こるいろんな問題と向き合っていく、ということが起こっています。

*****

今回の「変に思われたら…」問題については
こんな会話がよく脳内では繰り広げられていました。

*左側は悩んでいた当時の私
右側は脳内セラピストです。

(ブログやSNSを書こうとしている時)
こんなこと書いて大丈夫かな…?
変に思われたらどうしよう…。
やっぱりやめておこうかな…?

自分で変だと思うならやめとけば?

えぇ~~?!( ̄□ ̄;)!!

ちなみに、周りの人から変だと思われたら、一体どうなっちゃうと思ってるの?

…否定されたり、ダメ出しされたり、
嫌われたりするかもしれない…

 

…あのさ、
それ、誰が言ってるの?

えっ?!………あれ?
そういえば、誰かに面と向かって否定されたりダメ出しされた…わけじゃないかも…。

そもそも、今ブログやSNSで発信してることは、誰が書きたくて書いてるんだっけ?

それは…【私】だけど…。

セラピストになって独立しよう、活動しよう、って決めたのは誰だっけ?

……それも【私】だね。

その<あなた自身>が決めたことに対して、変かも…」って一番多く言ってるのは、いったい誰だと思う?

……あれ?!!
もしかして、【私】!!

ダメ出しされる、否定されるって言うけど、一番ダメ出しして否定してるのは誰だと思う?

わ~!!
これも【私自身】だーーーー!

だよねー。
それで、本当はどうしたい?

本当は…自信を持って好きなことをやりたい。

セラピストの仕事もやってみたかったし、文章を書くのだって好きなことだから。

だったら、自分でダメ出しするをやめて、好きなことをしている自分のことを、応援したらどうかな?

た…確かに…!

ちなみに、どんな風に声をかけて応援してもらえたら嬉しい?

やりたいならやったらいいじゃんとか
私は私の味方だよとかかな?

じゃあ今度から、人目が気になった時や、ブレーキを踏みそうになったら、自分にその言葉を言ってあげよう!

*****

…はい、いかがでしたでしょうか?

もうお気づきかと思いますが…

「変なことをやっているのでは…」と
一番思っているのは【自分自身】なんですね。

そして、そんな自分のことを
一番否定してダメ出ししているのも
実は【自分自身】

これではいつまで経っても
不安は解消されませんよね(^_^;)

だって、言ってくるのが他人だったら
会わないようにすれば済むけれど、

自分は24時間365日一緒で
離れることができませんからね。

さすがに四六時中
「お前は変だ!」「お前はダメだ!」
と、言われ続けたら…

そりゃ気持ちも萎えますよね( ̄ー ̄;

自分のやりたいことに対して
自分で勝手にブレーキを踏み、
そんな自分を自分で責めている…

これって結構あるあるです。

↑のような脳内会話を経て、
私がブレーキを踏む回数が減ったのは、

自分のやりたいことを「ダメ出し」せず、
「応援」しようって決めたからなんですね。

だってね、
そもそも、ブレーキを踏みたくなるくらい
不安になったり怖くなったりするのは、

それだけ好きでやりたいということだから。

だったら、ザワザワしてきたときこそ
自分を応援してあげたいですよね。

*****

こんな脳内会話を繰り広げたのも、
独立直後だったので、もう5年前になります。

ちなみに、この脳内会話の直後、
とっても嬉しいことがありました。

SNSでつながっていた高校時代の友人と
久しぶりにメッセージのやり取りをしたとき、
こんなに嬉しい言葉をもらったんです。

 

「育児に疲れ果てた時とか
メッセージ読むとすごーくパワーもらってるよ」

「ほんとたまに私のことどっかで見てる?!
っていうくらいドンピシャな内容の時があって
びっくりするよ(笑)」

って。

これ、ものすごく嬉しかったので
今でもよく覚えています。

もし私が「変に思われたらどうしよう…」
ばかりを気にしてブレーキを踏み続けていたら、

こんな風に嬉しい気持ちは
味わえなかったかもしれないなぁって思うんです。

…とはいえ、今でも新しいことを始めるときは
大なり小なり不安になりますけどね(^◇^;)

でもそんなときは、この当時のやり取りを
思い出しては脳内でリフレインしています(笑)

新しいことを始めるときは、
どうしたって周りの目が気になりますよね。

特に、自分を良く知る人に
今までとはちがう一面を見せるのは
勇気が要るという人もいるでしょう。

そんなときはぜひ、

一番自分にダメ出ししているのは誰か。
本当はどうなりたいのか。
何て言ってもらえたら勇気が湧くか。

あなたも自分自身に訊いてみてくださいね。

それではまた♪

「変に思われたらどうしよう…」と不安になったときは、自分が自分から応援してもらいたいとき。
「あなたはどんな言葉をかけてもらえたら勇気が湧きますか?」
その言葉をぜひ自分に贈ってあげてくださいね。
人間関係
湯浅 里美をフォローする
投稿者プロフィール
ひとり言研究所所長
湯浅 里美

一般社団法人ひとり言セラピー協会・代表。
自分と仲良くなる心のメソッドを、ブログやラジオなどを通じてお伝えしています。

湯浅 里美をフォローする
ひとり言研究所

コメント

タイトルとURLをコピーしました